calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

categories

archives

ブックマーク

お気に入りブログ

3年前の倒産

昨日、3年前に倒産した勤務先の飲み会があった。

 

その勤務先は、地質・環境調査を主軸とした会社であった。関西では地質と環境の両方の技術を持つ会社が少なく、この業界では、わりとでは古くから重宝されていた。

しかし、サブプライムローンの影響が引き金で、資金繰りが加速するように悪化し、遂に倒産した。

 

あれから3年経ったが、当時の同僚はそれなりにみんな元気にしていた。

見た目はほとんど変わらない人もいたが、内面においては少なからず変化を感じた。

以前に比べ考え方が丸くなった人や落ち着いた人が多いように思った。おそらく、あの日を境に変化したのであろう。因みに、私は「白髪が増えたな」、と口をそろってみんなから言われたが(笑)

 

たしかに自分自身の考え方もずいぶん変わった。

会社に対する考え方やとらえ方、忠誠心はがらりと変わった。

 

同業他社へ再就職している人が多いようであった。

中には、同業社で二度目の倒産を経験したという言う人もいた。

あらためて厳しい業界だな~と感じた。

 

もう解禁にもなろうかと思うので、そんな当時のことを振り返って話ししてみよう。

 

■倒産当日

3年前の5月、定刻を過ぎたころ、全従業員が会議室に集められ、社長から突然の話しがあった。

 

「本日の515分をもって、○○会社の事業を停止します。」

「今後、事業活動は一切出来ません。」

「本日をもって、従業員は全員解雇といたします。」

という内容であった。

 

社長は書面を読みながら淡々と話していた。

「申し訳ない」と一言添えていたが、謝罪の気持ちは全く伝わってこなかった。

 

「引き続いて、今後の事務的な話を総務から致します。」

と言って、社長はその場を去った。

 

これが社長の最後の姿であった。

 

この時点では、自分も含め、みんなキョトンとしたリアクションであった。

怒り、驚き、不安というよりも、どちらかというと呆気にとられた無感覚状態。

夢を見ているかのような・・・。

冷静な判断が出来なかったのだと思う。

果たしてどのように対処することが最善だったのか。

 

 

20時までに全員自分の荷物をまとめて会社から退去して下さい。」

「明日以降、管財人弁護士の管轄になるため、館内(会社)に立ち入ることが出来ません。」

と総務担当者から言われ、目の前の仕事を中断し、取りあえず荷物をまとめて退社した。

 

そう、ちょうど3年前の今日、15日の出来事であった。

 

倒産翌日以降のことついては、またの機会に話したいと思う。

 

ほんと、突然の倒産だった。

当時は青天の霹靂のように感じたが、今、当時を振り返れば明らかな予兆があった。

以下の兆候が見えれば要注意!

 

ゝ詬薪について

ボーナスの減額 → ボーナスなし → 残業手当の一部不支給 → 給料の減額 → 給料の遅延。

といった流れであった。

∋餠盞りについて

取締役があらゆる銀行・信用金庫等へ融資先を探しはじめる。

 

経営者や総務の動向を注意していると、何らかの兆候は見えてくるものだ。


近畿青年技術士懇談会 4月総会&例会

ごぶさたしています。Waterです。

来年度実施されてる技術士全国大会(大阪)の委員会、27日は環境研究会への参加などでバタバタしておりました。いや、充実しておりました、ですかね。久々の更新です。^_^;

 

そして4月29日(木)は朝から幹事会、昼から近畿青年技術士懇談会の総会と例会がありました。

 

1.総会

2010年度の報告と20111年度の活動予定

 

2.例会

1Nissan LPIEでの活動とそこで得たもの
S技術士(機械部門)

コミュニケーションを深めるための技術的な考案とそれまでのプロセスで得た内容についてのお話しでした。

普段のコミュニケーションによる何気ない誤解や擦れ違いを解消するため、折り紙の色目を使って人間同士の意思表示を伝えあう一つの手段を紹介していました。

この方法を理解してもらわなければならない点があることや、使い方を誤ったらコミュニケーションにならないなどの課題も当然あるようでしたが、上手く浸透していけば活用できる方法があるのではないだろうかと思いました。

活用方法よりもむしろ、それまでの過程で得られる学びについて技術者としての意義があるように思いました。

 

2)仕事に活かせ!Googleドキュメントとクラウドコンピューティング
F技術士(建設部門・応用理学部門)

独立技術士としてご自身が普段の生活や仕事から利活用しているの実例をもとに、G-mailGoogleドキュメントを使ったクラウドコンピューティングを解説してくれました。

その他、EvernoteDropBox等のサービスやスマートフォンとの連携なども話がありました。

2週間ほど前に携帯をスマートフォンに機種変更したばかりの私で、まだまだ理解不足で使いあぐねいていますが、ネタがいくつか見つかりました。

 

 

今月も例会参加者40名弱くらいだったでしょうか、例会、懇親会とも大盛況でした。

なにより個人的には久々にお会い出来た方がいて、非常にうれしかった^_^


近畿青年技術士懇談会 3月例会

昨日、3/26(土)は、青技懇の例会でした。

 

■例会内容■

技術士サポート企画

◆挨拶

日本技術士会 近畿支部長

近畿青年技術士懇談会 代表 I氏

◆イントロダクション:Y氏(機械部門 技術士)

  演題「技術士と技術士資格の概要」

◆講演 В忙瓠 陛典づ纏夘門 技術士補)

  演題「技術士を目指して」

◆講演◆В道瓠扮用理学、建設部門 技術士)

  演題「技術士で稼ぐということ −独立技術士として−」

◆講演:IntPEさん(原子力・放射線部門・機械部門・総合技術監理部門 技術士)

  演題「今後の技術士に求められる姿」

◆グループセッション:各部門に分かれて質疑応答、フリートーク

 

 

3月例会に参加された方、講師の方々、一日お疲れさまでした。

幹事として、はじめは参加者が集まるか若干心配もしていましたが、結局のところ、

例会参加者は総勢47名、懇親会37名となり、それなりに形ある会が開けました。

 

例会の内訳として、技術士(二次試験合格者含む)が22名、

修習技術者/技術士補/JABB卒業者が25名でした。

部門は、建設、応用理学、機械、上下水道、環境、電気電子、

化学、経営工学、金属、情報工学、原子力・放射線、総監部門と

12部門にもなる技術士とその卵の集まりでした。


 

そのような中で、講演者1人目の若手のKさんは、これから技術士を目指そうという方に、

かなり刺激があったようです。

ヒーロー者が好きな20代の女性技術士補。

自分の趣味や特質を上手に表現しながらのプレゼン発表であった。

技術者としての考え方というか、とにかく技術士取得への意気込みが伝わってきた。

史上最年少の資格所得を目指して、これまたスゴイ人物がでてきたものだ、

と感じたと同時に、自身がオッサンになったなとも思った(笑)


 

講演者2人目のF技術士は、ご自身の技術者の歩みと共に、独立技術士への道を話していただいた。

あくまでも一つのモデルとして、技術士として独立できるのか、実際に生計が立てれるのか、という興味ある話であった。

プレゼン方法が、グーグルクラウドコンピューテイングを用いて実施されていた。

ネット上にデータを保存して、その中から引き出して講演していた。

システムの詳細は良くわかりませんが、興味を抱いている方が結構いました。

プレゼン方法も多種多様化してきたな、という印象を受けました。


 

3人目のIntPEさんは、ご存じの通りベテラン技術士。

とにかく会場の聴講者の中に入ったまま、パワポ使わず熱弁していました(笑)

語りながらも聴講者の反応を意識しつつ、適度に問いを投げかけたり、ご自身の思いを伝えたりと、

内容もさることならが、コミュニケーション能力というか伝達能力がさすがだなと思った。

講演者とはこうあるべきだ。

という姿が、自分の中にズッシリ入ってきた講演であった。

また、専門バカにならないための専門性の枠を越えた会が青技懇である、

という私自身も普段からとらえている青技懇のPRもちょうど兼ねてもいただき、

ありがたい限りである。

 

 

グループセッションでは、それぞれ関連性のある4グループの部門に分かれて、自己紹介や受験動機を話した後、ちょっとした疑問点解消してもらうための質疑応答を行いました。

これから受験しようかと思っている方の質問を聞いていると、特に、「技術士としてのふさわしい経験が無いような気がする」と感じている方が多いようであった。

体験論文のネタが無い、と。

まぁ、自分自身も受験しはじめたときは、同じ気持であったからよくわかる。

よくよく聞いて話してみると、「そういう内容でもいいんですか」というパターンが多い。

あくまでもそれなり技術者として携わってきた場合であるが。

技術士に求められているポイントがすこしだけずれている。

ちょっとだけ勘違いをしている、というパターンである。

仕事の金額的な大きさや技術開発などが、技術士に求められているポイントだと思っているようである。

すべての疑問点解消にはならなかったと思うが、まずは一歩を踏み出そうと思ってくれた人もいたようだ。

 

わずかな時間ではあったが、ほんの少しでも技術士を目指そう、あるいは目指そうかなと思ってくれたなら、主催者としてありがたい。

 

盛りだくさんの例会内容であったため、質疑応答の時間が十分でなかったことをお詫びします。

 

今回の例会を踏まえて、さらなる技術士サポートを意義あるものにしていければと思っております。

ご協力していただいた方々に、深く感謝します。


それと、東北地方太平洋沖地震の救援募金の支援にご協力いただき、ありがとうございました。
集められたお金は、日本技術士会に一任し、被災者の支援活動費用に使わせていただきます。
金額等は追ってご報告いたします。

これからも青技懇を、どうぞよろしくお願いします。


PRAY FOR JAPAN

昨日は望月俊孝さんのチャリティー講演会in大阪に参加してきました。

 

東北関東大震災後、甚大な被害状況の映像が飛びこんでくるごとに、

何もしてあげられない自分に、ずっともどかしさを感じていました。

 

昨日の講演会では、今の自分に出来ることを少し話しあいました。


募金活動

祈ること

輸血

節電

被災者を励ますこと

笑顔を与えること

これまでの普段の生活に戻していくこと

さまざまな意見がでてきました。

 

被災者が大変な思いをしているのに、なにが普段の生活だ!

という意見も当然わかります。

だからと言って、何もしなくなると経済活動がストップする。

という意見もわかります。

お金も稼がなくては、支援もし難くなるでしょう。

 

人それぞれが考えている、優先順位や価値観があるからだと思います。

 

けれども多くの方が、何かしら支援したい、ためになりたい、

という「思い」が一つであることは変わりません。

 

被災者の方にもその点が伝われば良いなと思いました。


 

頭の片隅には被災者の気持ちを忘れず生活し、

自分なりにアンテナを張り巡らし、

そのとき何が一番ベターなのかを考え、

出来る精一杯の支援をしていきたいと思いました。

 

 

ここで、情熱の教師シャークさんのムービーをご紹介したいと思います。

昨日の講演の中で、ご紹介がありました。

シャークさん自身が今の自分に出来ることとして考えられたそうです。

 

被災者の方々を励ます感動のムービーです。

何度も見てしまいました(^.^)


「東北関東大震災 宝地図ムービー あなたたちは一人じゃない」

 

 

 

情熱の教師シャークさんのブログ

 



私は3月26日(土)におこなわれる、近畿青年技術士懇談会の3月例会で、

募金活動を提案していこうと思っています。


 

被災者の方々は、日々、苦難な生活を送られていると思いますが、
どうか互助・共助の気持ちで頑張って下さい。


あの時の経験で日本が大きく成長したよね。

と言えるような日々が早く来ることを願います。


 

ウォーター


震災

東北・関東地域の震災に遭われた皆さん、心よりお見舞い申し上げます。

阪神大震災をまじかで経験した自分にとって、
被災者の方々の心中を察するところです。

それにしても規模が大きすぎる。
飛び込んでくる映像を見ていると、いたたまれない気持で一杯です。
今の自分に出来ることを考え、正確な情報を元に行動していこうと思います。

亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに、
被災者の方のご無事を深くお祈りします。


技術士二次試験合格発表

技術士二次試験(環境部門ー環境測定)の合格発表でした。

日曜日まで、連絡とれにくい場所にいてて、
携帯から結果のみ報告させてもらいます。


なんとか、合格してました。


うれしいです。

これまでの道のりを思い出すと、ウルウルきてます。
これからが本当の意味でのスタートなのですが。

とにかく、これまで応援して下さった方々、本当にありがとうございました。

また改めてご報告させてもらいます。


近畿青年技術士懇談会 2月例会

先日、2/25(金)は、青技懇の例会でした。

 

講演者:K技術士(建設部門、総合技術監理部門)

テーマ:ドボクのチカラで「子供に外遊びを」

〕松衂福θ生品を使った遊び場づくり

△劼箸弔領域にひとつの図鑑

K糎瑛靴咯譴量ね

 

ミスター土木と言ってもいいような、まさに趣味と実益を兼ね備えたお方でした。

イメージアップ経費などの国の補助金を十分に活用し、

子供たちの遊び場をつくる。

技術者としての技術的な要素はもちろんのこと、

安全面への対策や余剰品を使用した環境配慮している。

そこに、ご自身の遊び心がプラスアルファされた設計になっている。

 

土木のイメージアップ方法というか、これからの土木の在り方、

地域との関わり方の良い例を知ることが出来た。

近年の入札評価が連続高得点なのは合点がいく。

 

上手に愉しむという心を持つことが、よいひらめきや発想が生まれる。

協力する人や団体も集ってくる。

 

土木業界は大変なイメージを持っていましたが、

まだまだ捨てたもんじゃないな。

と思いました。

 


エニアグラム

 

エニアグラムってのをご存知でしょうか。


自分自身のタイプを判別する、自己性格診断ツールとでもいいましょうか。

 

9つのタイプに判別でき、自分自身のタイプが客観的にわかります。

自身のプラス面やマイナス面だったり、

特徴や学ぶべきタイプなどのアドバイスが知ることができます。


 

先日、このエニアグラムをやってみました。

 

結果は、

「タイプ5  研究者、観察者、調べる人」

でした。


 

このタイプ5について

■こだわり

「知識」「宇宙の摂理」「情報」「蓄積」「賢明」「分析力」「解析力」

「研究」「専門分野」「博識」「倹約」「節約」「節制」など

 

■決してしないこと

結婚式や同窓会の司会。自宅で大きなパーティーを開くこと。

不明瞭な仮説を皆の前で話すこと。

 

■されて嫌なこと

あなたの能力や専門性を疑われること。
やってることを中断させられたり、邪魔されること。
複数の仕事を長期に渡って同時遂行させられること。

■職業適性

科学者・哲学者・プログラマー・会計士・コンサルタントetc

 

−こちらのサイトから引用しました−

などなど、いろいろと診断結果がでてきました。



個人的には、良い点・悪い点、性格的に納得する点は多かったです。

ただ、それをどうすれば良いのか、どう活かせば良いのか

についてのアドバイスがちょっと少なかったのが残念です。

 

どちらかと言うと、自分の短所を見てみようというスタンスのように感じました。

ただ、学ぶべきタイプについて、『統率者タイプ』と診断されたのですが、

これについては、活用できそうです。

 
いろいろなサイトがあるようですが、
私が試してみたサイトはこちらです。(無料)

「己を知る」という一つの手段として、みなさんもご興味があればお試しください。

 


江本勝氏 講演会&『WATER』上映会(銀座)

江本勝氏 講演会&『WATER』上映会のお知らせ

 

親友の加藤桂衣さんが主宰する、

江本勝氏 講演会&『WATER』上映会のご案内です。

 

【日 時】 2011222日(火) 19:0021:00 ※会場18:30

【会 場】 銀座 国際児童基金サロン(定員130名) 
   (中央区銀座5-8-1 サッポロビル8F

【参加費】 3,000円(当日払い)

【お申し込み・お問い合わせ】 NPO法人 ジョイ・ミラクル 担当:加藤桂衣

 

詳細はこちら
blue_ver_1

http://www.masaru-emoto.net/jp/memory/img/blue_ver.jpg

 

 

江本勝氏

波動技術のパイオニア的存在で、日本で「波動」を広めた第一人者である。

水の結晶の写真集「水からの伝言」や「水は答えを知っている」など、

数々の書籍を出版しており、私も数冊持っています。

ちょうど10年前、はじめて大阪で講演を聞き、

その頃から大好きになった人物の一人です。

 

水の結晶のことについてはこちら

株式会社I.H.M

 

映画『WATER』とは、私(ウォーター)のことではありません(笑)

ロシアの映画製作チーム“マスタースカヤ”によって、

2006年に製作されました。

アメリカにおけるエミー賞やアカデミー賞に匹敵する

各種の賞をロシア国内で受賞しています。

ロシア国内ではテレビ放送を通じて300万人の人々が視聴したと言われており、

2006年には国営テレビ局から数々の賞を受賞しています。

ぜひ見てみたい映画です。

 

映画についてはこちら

http://www.masaru-emoto.net/jp/memory/movie.html

 


WATER
予告編はこちら

 



関東の方はぜひ、ご参加下さいませ。

よろしくお願いします。

近畿青年技術士懇談会 1月例会

 

先日、1/21(金)は、青技懇の例会でした。

 

今月は、技術士総合技術監理部門の受験対策本「総監虎の巻」の著者
でお馴染みの、
PMP(☆虎)さん(総合技術監理部門・建設部門)のご講演でした。

PMP(★虎)のサイト

 

ご講演内容は、「今、技術者に求められるマネジメントスキル」

PMPさんが技術者として歩んできた人生をもとに、

ご自身が体系化したマネジメントに関する内容でお話しされました。

 

総合技術監理部門が出来た背景、総合管理技術とは何か、

マネジメントとはどのようなものかなど、

技術者として求められている総監本質の内容だった。

私にとっては、本当に求められている総監の頭とはこういうものなのか、

というのがなんとなく掴めた。

青本には載っていない、感覚的な部分が身にしみて感じ取れた。

 

また、ご講演スタイルに、目を惹くものがあった。

自己紹介、保有資格、マネジメントとは、マネジメントが必要な理由、

将来の技術者像、総監受験者へ、

などの内容がマインドマップ1枚に納められていた。

 

講演の初めから終りまで、これ1枚のスライドでほとんど済ませていた。

パワポが使えないからとおっしゃっていたが、
PMPさんにとってパワポは必要ない。

ここまでマインドマップを使いこなしているのだから。

自分に合った道具を使いこなす、という大切さを教えてもらった。

 

例会26名、懇親会20名と、新年早々なかなかの大盛況であった。

 

今年は、近畿青年技術士懇談会創立20周年である。

歴代幹事や旧メンバーも集め、いくつかのイベントを実施する予定ですので、

今後もどうぞ青技懇をよろしくお願いします。

 

<<青技懇 今後の予定>>

2月例会

 日時:225日(金)

講師:K技術士(建設部門、総合監理部門)

講演内容:ドボクのチカラで「子供に外遊びを!

 1.はじめに:自己紹介「リンクは続くよどこまも」

 2.事例1:発生品・余剰品を使った遊び場づくり

 3.事例2:ひとつの流域にひとつの図鑑

 4.自由研究ニッポン・自然の不思議

  (自然のチカラ、ドボクのしわざ、ドボクのチカラ)

 5.ドボクに新しいチカラを!

 

3月例会

 日時:326日(土)

 講師、講演内容:未定

 

以上


<< | 2/7PAGES | >>