calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

categories

archives

ブックマーク

お気に入りブログ

汚れた水を魚が棲める程度にまで戻すためには

汚れた水を魚が棲める程度にまで戻すためには、どれくらいの水の量が必要なのか?

書籍やホームページなどでよく見かける表現である。

 

こちらは私が作った一覧表である。

 

■汚れた水を魚が棲める程度にまで戻すために必要な水量


sakana03 



この数値の根拠は、水中(溶液中)の有機物濃度を指標とするBOD〔生物化学的酸素要求量〕が元になっている。

 

BODmg/L)〔生物化学的酸素要求量〕

BODとは、有機物を好気的条件下で好気的微生物によって一定時間に分解する間に消費する溶存酸素量のこと。

平たく言うと、川の汚れ具合(有機物)を示す一つの指標で、BODの数値が高いと汚れがひどく、数値が低い方がきれいということになる。

 

●数値の根拠

一般的な魚(コイ、フナなど)が棲める水質とは、BOD5mg/L以下と言われ、上記の表はこの数値をもとに計算した。

書籍やホームページで見かける「バケツ何杯分」という数値も、このBODをもとに計算されている。

ただし、ヤマメやイワナなどのきれいな川にすむ魚であれば、BOD2mg/L以下でなければならない。

 

BODは大阪府のホームページの数値を採用

http://www.pref.osaka.jp/suido/taisetsu/index.html

BODの数値は、文献によって多少異なる。

なので、バケツ何杯分という数値も用いたBOD値によってかなり変わってくる。

 

●ラーメンの汁より牛乳の方が環境に悪い?

この表を見てラーメンの汁と牛乳を比較すると、牛乳の方が環境に3倍も悪いの?

ととらえる方がいます。

 

ごもっともだと思います。

表を見るだけでは、そのように解釈するのが当然でしょう。

 

ここで、数値には根拠や幅があることを補足しておかなければなりません。

 

ラーメンの汁と言っても、とんこつや塩ラーメンなどのスープの種類によってもずいぶん変わってくるし、牛乳でも質や濃度によってBOD値は変わってくる。

あくまでも一つの目安、ですね。

 

ちなみに、ラーメンの汁や牛乳の原液のBODを測定したことはありませんが、ほぼ原液に近い工場の工程廃水の分析を行なったことがある。

その際、乳性飲料(牛乳やヨーグルト飲料)廃水のBODは、ラーメンの汁(廃水)より高かった。乳性飲料のBODは高い、という記憶がある。

ラーメンの汁と牛乳を単純に比較して、同量の液を川に流した際の負担は、牛乳の方が負荷が高いのもわかる。

ただし、あくまでも有機物の指標としてBODを用いており、COD〔化学的酸素要求量〕になると、また話が変わってくる。

 

書籍などでよく見かけるこういう表現。

安易に表だけ用いると、誤解を招くことになりそうな。


J1ヴィッセル神戸 ホームスタジアムで床発電

ようやく今年もJリーグが開幕した。

ヴィッセル神戸ではサポーターの熱い応援を電気に変える実証実験「エコプロジェクト」を試みたらしい。

 

【J1神戸、床発電を試験運用 観客の応援をエネルギーに】

http://www.47news.jp/CN/201003/CN2010030701000429.html

47NEWS 2010/03/07 18:24   【共同通信】より引用

 

――――――以下引用

 サッカーJリーグ1部(J1)のヴィッセル神戸は7日、神戸市にある本拠地のホームズスタジアム神戸で行われた京都サンガとの今季初戦で、観客席に「床発電システム」を設置し、試験運用を始めた。跳びはねて応援するサポーターが起こす振動を発電のエネルギーとして利用する「エコ」な取り組みで、Jリーグでは初の試みという。

 JR東日本の子会社が乗降客が起こす振動を電気に転換する研究を進めており、技術提供を受けた。振動や変形を加えると電圧を発生する「圧電素子」を組み込んだパネルをゴール裏の12席の床に設置。将来的には場内の売店などの電力に利用する考えだそうだ。

 神戸が2ゴールを挙げた場面では飛躍的に発電量が上がった。実験に参加した○○さんは「ふらふらだ。いつもより激しく跳びはねてしまった」と疲労困憊の様子。

――――――引用ここまで

 

補足説明

神戸側ゴール裏の12席で、サポーターの足元にそれぞれ40センチ四方の発電シートを設置。試合中、跳ねるなどの熱烈な応援で生じた電気を蓄積。

 

 

結果、1試合(約2時間)で発電量は、10000ワット秒(Ws)ほど。

100ワット(W)電球を約1分半点灯させるだけの電力に相当だ。

どれほどのカロリー消費なのかはわかりませんが、疲労の度合いからしても、エネルギー効率は悪そうですね。ただ、エネルギーの再利用として考えたらおもしろい試みなのかな。

導入費用がいくらかかるのか気になるところだが。

 

 

ところで、試合の結果は、新加入のポポが2得点を挙げ、神戸が2−0で勝利したそうな。

この調子でヴィッセル神戸がんばれ!

ヴィッセルびいきである(^_^


| 1/1PAGES |